生前贈与をする場合、考えなければならない大切なことが2点あります。

まず1つは、生前贈与をしなければならない理由があるかどうかということ。
もう1つは、生前贈与により費用がいくら発生するかを明らかにすることです。

近年、新聞記事やインターネット上の記事で相続対策や生前贈与に関する記事が非常に増えております。 これに伴い、漠然と何か対策をとる必要があるのではとお考えになり、相談にされる方が非常に増えているように思います。

生前贈与は必ずしもしなければならないものではありません。 むしろ、生前贈与をしない方がよいケースも非常に多いです。

例えば、相続が発生した際のトラブルを回避するために生前贈与をする必要があったとしても、それに対して高額の税金や費用が発生するのであれば、躊躇される方も多いでしょう。

当事務所では、こういった相談を含め、生前贈与の必要の有無や他の代替手段がないかを一緒に考えていきたいと思っております。 なお、税金の問題については提携している税理士の先生をご紹介させていただきます。

生前贈与の必要がないと考えられる場合は、必要がない旨をはっきりとお伝えします。
生前贈与をお考えの方は、是非一度、当事務所までご相談ください。



トップページ事務所紹介報酬一覧アクセスQ&A
相続・遺言・贈与不動産について会社の手続きその他
Copy Right(C)2015 司法書士つちかわ法務事務所 All rights reserved.