例えば、亡くなった方に多額の借金をあった場合、相続の放棄をしなければ相続人がその借金を負担しなければなりません。
しかし、逆を言えば相続の放棄をすれば、相続人は借金を負担する必要はありません。

この相続の放棄は原則として、被相続人が亡くなったことを知ってから、3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをする必要があります。 3ヶ月以内であっても、亡くなった方の財産を相続したり、使用したりした場合は、相続の放棄が原則としてできなくなります。

3ヶ月という、限られた時間の中で相続の放棄をするかの判断が必要となります。
また、例えば被相続人の子のみが相続人であった場合、子全員が相続の放棄をすると、被相続人の両親や兄弟姉妹等が相続人となります。 場合によっては、これらの方の相続の放棄の手続が必要になります。

短期間で様々な判断が必要となりますので、相続の放棄をご検討される方は、当事務所までご相談ください。









トップページ事務所紹介報酬一覧アクセスQ&A
相続・遺言・贈与不動産について会社の手続きその他
Copy Right(C)2015 司法書士つちかわ法務事務所 All rights reserved.